クレンジング料を選ぶ基準は?肌のタイプで分けてみた!

「クレンジングの種類が多すぎて何を使って良いのかわからない…」
「肌に合うのが見つからない。」

この様な経験をしたことはないでしょうか?

オイルタイプやクリームタイプなど色々な種類がある中で、形状や洗浄力などにも違いがあるので、自分の肌に合うタイプを見つけるのはなかなか難しいですよね。

今回は、そんなクレンジング料の選び方を肌タイプに合わせてまとめてみましので、ぜひ活用して頂ければと思います!

あなたの肌は何タイプ?クレンジングの選び方

疑問を持つ女性

肌質によって使用するクレンジングのタイプは変わってきます。
自分の肌質とクレンジングが合うと、肌質がすごく変わりますよ。

乾燥肌

乾燥肌は、クリーム系のクレンジングがおすすめです。

クリーム系はテクスチャーに厚みがあるため、肌に摩擦を与えにくいとされています。
肌に摩擦が起きると必要な皮脂や潤いが一緒に流され、刺激がシミの原因になる可能性が高いのです。

もし、クリーム系のクレンジングで落ちにくいメイクは先に専用のリムーバーを使用すると洗い残しがなくなるので、肌トラブルが起きにくくなります。

オイリー肌

オイリー肌の方は、オイル系やリキッド系のクレンジングがおすすめです。

オイル系のクレンジングは洗浄力が強く長時間使用すると、肌に必要な皮脂や潤いも一緒に洗い流してしまうので、所要時間は約1分程がベストです。

乾燥肌や敏感肌の方は刺激が強くなるため、あまりおすすめできないのですが、濃いメイクの場合は短時間でしっかり落とすことができるので、肌に合うクレンジングがあれば活用して下さい。

敏感肌

敏感肌の方にはミルク系のクレンジングがおすすめです。

ミルク系のクレンジングは肌への負担が極端に低いので敏感肌の方でも安心して使う事ができます。

その点、洗浄力は極めて弱いので、ポイントメイクは専用のリムーバーを使用するのがおすすめです。

クレンジングの特徴

洗顔する女性

クレンジングのタイプに別にそれぞれの特徴を紹介していきます。
洗浄力など、クレンジングごとに差がでてきますので、自分が使っているクレンジングの特徴もチェックしてみて下さいね。

オイルクレンジング

オイルクレンジングの特徴は洗浄力の高さです。
アイメイクなども簡単に落とすことができるので、濃いメイクに効果的です。

オイルクレンジング肌に悪い」と思われている方も多くいますが、使用されている成分をしっかり把握していれば、肌に負担をかけることなくメイク汚れを洗い流せるので頼もしいクレンジングです。

クリームクレンジング

クレンジング料の中では洗浄力真ん中くらいの位置で、拭き取りタイプや洗い流すタイプがあります。

洗浄力も程々にあり、肌がしっとり仕上がるタイプが多いのが特徴です。
混合肌の方はおすすめのクレンジングです。

ミルククレンジング

見た目もミルクの様なクレンジングで、洗浄力はやや低めです。
こちらも洗い流すタイプと拭き取るタイプがあります。

洗浄力が弱い分、保湿力が高いので敏感肌の方におすすめのクレンジングです。
ただし、洗い残しがあると肌トラブルの原因になるので注意して下さい。

リキッド(ジェル)クレンジング

ジェルクレンジングは主成分がほぼ水で、界面活性剤の力を使用してメイクを落とします。
洗浄力がもっとも低く、「オイルを含んでいない肌に優しい」と勘違いすることがあるのですが、実は大きな間違いなんです。

洗浄力が弱すぎるために、界面活性剤の力で無理やりメイクを落としているので肌には摩擦の影響で大きな負担がかかっているので、あまりおすすめできるクレンジングではないのです。

クレンジングシート

ほとんどの方はクレンジングシートを使用していないと思いますが、一番オススメできないクレンジング方法になります。

シートタイプは基本的に使用禁止で、緊急時のみ使用する方が肌のためにもおすすめです。肌に負担をかけてしまうので、シミや乾燥の原因になり肌環境を悪化させてしまいます。

クレンジンを使うときの意識するべきポイント

ポイントを教えてくれる女性

クレンジングを使用する上での注意点やポイントを紹介していきます。
工夫して使うと肌への負担を減らし、メイクをきれいに落とすことができるので、今日から試してみてくださいね。

メイクによってクレンジングを使い分ける

メイクによってクレンジングを使い分けると肌への負担も減るのでおすすめです。

クレンジングの洗浄力と肌への負担は比例していて「洗浄力が高いと負担も大きい」「洗浄力が低いと負担も小さい」となります。

濃いメイクの場合は、洗浄力の高いオイル系を使用するのがおすすめです。
洗浄力が高い分、すぐにメイク汚れをすぐに洗い落とすことができます。

ナチュラルメイクのときは、洗浄力の弱いクリーム系などを使用しても、十分落ちるので肌への負担を減らすことができます。

ちなみに、濃いメイクをクリーム系で洗い流すと、時間がかかり肌への負担が大きくなるので、メイクによって使い分けをすることを意識してみて下さい。

アイメイクにはリムーバーを使用

アイメイクには、リムーバーを使用することがおすすめです。

肌質関係なく、アイメイクはウォータープルーフが多いので、クレンジングだとどうしても落としきれない場合があります。

アイメイクを基準に洗浄力の強いクレンジングを使用すると肌全体に負担がかかるので、後々肌トラブルを引き起こす可能性が高くなります。

それを避けるために、できる限り専用のリムーバーを使用することをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

クレンジング料は肌質やメイクによって使い分けることが重要です。
今まで、気にせずにクレンジングを行っていた方は、この機会に見直してみてはいかがでしょうか?

肌が劇的に変わるかもしれませんよ♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする