クリームと乳液は何が違うの?その役割や効果とは?

毎日のスキンケアで肌の保湿に乳液やクリームを使用しているかと思いますが、この2つの役割は似ているように感じるかと思います。 「保湿してまた保湿…?」 と疑問に思っている方もいるかと思います。 今回はクリームと乳液の違いや、クリームにはどの様な役割があるのかを詳しくまとめてみましたので、ぜひ参考にして下さいね。

クリームと乳液の違いと役割

クリームを手に持っている女性 毛穴の詰まりやニキビ、シワなど肌が乾燥してしまうと色々な肌トラブルが起こっれしまいますよね。 そのため、クリームと乳液を使って保湿を徹底的に行っている方も多いはず! けど、その違いを知っている人は…意外と少ないんです。 それぞれの違いと役割をみていきましょう!

乳液の役割とは

乳液は肌の油分を補い、水分が蒸発するのを防ぐ役割があります。 クリームとの大きな違いは含まれる水分と油分の量です。 肌は、皮脂を分泌することで、肌の水分の蒸発を防ぎ乾燥や紫外線から肌を守っています。 ですが、クレンジング・洗顔後の肌は、皮脂や潤いが極端に少なくなっている状態なので、化粧水で水分を補給し乳液で水分が蒸発しないように蓋をしなければなりません。 肌が皮脂を分泌するまでの「つなぎ」の様な役割を担っているのです。

クリームの役割とは

クリームは乳液と同じ様に肌を保湿する役割があります。 ですが、乳液よりも油分の量が多く含まれているので、長時間の保湿効果が期待できます。 乳液は肌バリアが整うまでの「つなぎ」なので、保湿時間は短いのですが、クリームは長時間の肌の保湿が可能です。

クリームと乳液は併用あり・なし

クリームと乳液はどちらも肌の保湿が目的なので、乳液だけを使用している方もいるかと思います。 基本的に両方使用しなければいけない、どちらか片方を使用しなければいけない、など決まりはありません。 ポイントは自分の肌質で保湿が必要かどうかになってきます。 例えば、肌の皮脂も適度に分泌されていて、乳液だけでも肌トラブルが起きないのであれば、クリームを使用する必要はありません。 しかし、乳液だけでは肌の乾燥が酷い方は、クリームの併用がおすすめです。 乳液よりもクリームの方が保湿時間が長いので、肌トラブルの対策に繋がります。 ご自分の肌の状態をしっかり把握し使い分けてみて下さい。

クリームの効果的な使い方

肌のきれいな女性 各メーカーなどにより使用方法は異なることもあるのですが、基本的な使い方を抑えると、肌への効果もアップしますので、ぜひ覚えて下さいね。

  1. さくらんぼほどの大きさでクリームを手のひらに乗せ、両手で体温ほどの温度に温めます。そうすることで、肌への馴染みもよくなります。少しでも肌への負担を減らすように意識しましょう。
  2. 皮膚の薄い、目元や口元などを始めに塗り、次にTゾーンを塗って、徐々に外側へ伸ばしていきましょう。乾燥が気になる部分には重ねづけを行っても問題ありません。

ただし、つけすぎても肌トラブルの原因になる場合があるので、肌の状態を確認しつつ行って下さい。

肌タイプ別、おすすめのクリーム

女性の肌の状態 クリームにも色々な種類や成分があり、肌の状態によって使い分けるのが重要になってきます。 肌のタイプは大きく分けて4つ

  • 乾燥肌
  • 脂性肌
  • 混合肌
  • 敏感肌

それぞれの肌におすすめのクリームのタイプを紹介します。

乾燥肌におすすめのクリーム

乾燥肌の方は、肌の水分が極端に少ない状態で「水分を蓄える機能」が低下している可能性が高いです。通常、水分を蓄えるために、肌には「角質幹細胞脂質=セラミド」や「天然保湿因子」などが存在しています。 しかし、なんらかの原因でこれらが上手く機能していないため、肌が乾燥しているのです。 この状態の場合はセラミドやヒアルロン酸など保湿効果の高い成分が配合されているクリームがおすすめです。

脂性肌におすすめのクリーム

混合肌の方は肌がベタつくからと、クリームを使用しないことが多いかと思います。 ですが、これが大きな間違えだったりします。 肌が乾燥すると肌のバリア機能が低下するため、肌は皮脂を分泌します。 そのときに、過剰に皮脂が分泌されてしまい、この状態が続いてしまうと脂性肌になってしまうのです。 なので、脂性肌でも保湿を丁寧に行えば、皮脂の分泌量も徐々に少なくなります。 脂性肌はビタミンC誘導体が含まれているクリームがおすすめです。ビタミンC誘導体は皮脂の分泌を抑えてくれる作用があるので、保湿しつつ徐々に肌の状態を戻していきましょう。

混合肌おすすめのクリーム

Tゾーンはテカテカ、頬や目元はカッサカサ、この様な混合肌は日本人に多いのが特徴です。 混合肌におすすめのなのが、クリームの使い分けです。 乾燥しているところはセラミドなど保湿成分が含まれているクリームを使用し、皮脂が多い部分にはビタミンC誘導体など皮脂を抑える成分が配合されているクリームを使用しましょう。

敏感肌におすすめのクリーム

敏感肌にはアルコールビタミンC誘導体など肌に刺激の強い成分の仕様は控えて下さい。 乾燥による肌へのダメージも心配なので、セラミドなど保湿成分が含まれているクリームを使用がおすすめです。 とはいえ、敏感肌はどの様な成分で肌トラブルの原因になるのかわからない場合があるので、いくら高価な商品や安心できる成分であっても、必ずパッチテストを行い見極めてから使用して下さい。

まとめ

クリームと乳液の違いを知って頂けたかと思います。 どちらも必ず併用する必要はないので、自分の肌と相談しながら使い分けてみて下さいね。 また、クリームは保湿効果が高いので肌トラブルで悩んでいる方は積極的に使用することをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする