日々の食事で美肌をゲット!美肌に効果的な食べ物とは?

美肌のために、効果な化粧品を購入したり、エステに通ったりしている女性は多いかと思います。

しかし、体の外側をきれいにする努力はしていても、体の内側をきれいにする努力…行っていますか?

いくら頑張っても内側がボロボロだと、きれいな肌になれないので、その努力も無駄になっているかもしれません…

そうならないためにも、内側もしっかり整えることが重要です!
今回は、日々の食事について詳しくまとめてみました。美肌に効果的な食べ物や、悪い食べ物を紹介していきますので、ぜひ参考にして下さいね。

食事と美容の関係とは?

肌のきれいな女性

私たちの体は毎日の食事から栄養を摂取し作られています。
その為、食べ物によって病気になるリスクが増えたり、肌が荒れてしまったりなど色々な影響が出てきます。

意識することはないのですが、目に見える肌や髪、爪だけではなく、体の内側の内蔵や骨、血管なども日々新しく生まれ変わっているのです。

歳を重ねる毎に、体の代謝は低下し活性酸素が増えることで老化が進んで行きます。
しかし、体を長年使っているから老けていくということではないのです。同じ50歳でも30代に見える人や60代に見える人がいますよね。

その大きな違いは日々の食生活にあるのです!
毎日の食事で若々しい体を維持し、より美しくなることは十分可能なのです。

例えば、体の外側にはエステや高価な化粧品を使っていたけど、食生活はファストフードや外食が中心のAさんと、最低限のお肌のケアを行い、日々の食事の栄養バランスを考えて料理を作っているBさん。

この2人の女性は5年後、10年後は大きく見た目年齢に差がつきます。というのも、いくら外から良い成分を補給しても、体が作り出す美肌成分には勝てないのです。

その為、日々の食事は重要になってくるのです!

美容にオススメの食べ物

食材

美容のために、まず意識して取り入れて頂きたいのがタンパク質です。
タンパク質は肌を作る元となる成分なので、不足してしまうと見た目年齢が高くなる原因にもなります。

外食やフォストフードで食事のバランスが偏っている人やダイエットを行なっている人は、タンパク質が不足しがちになるので、肉類魚類乳製品といった動物性タンパク質を意識的に取り入れて下さい。

その他にも大豆や豆腐などもタンパク質が豊富です。
含有量は動物性タンパク質に比べると約半分程しかありませんが、動物性タンパク質の取り過ぎも良くないので、植物性タンパク質とバランスを取りながら摂取するのが理想です。

ターンオーバーを助ける成分を含む食べ物

ターンオーバーを助ける働きのある成分がビタミンミネラルです。
ビタミンとミネラルは体内で補酵素として働き、栄養素の代謝や細胞の生成を助ける重要な役割を担っています。

ビタミン、ミネラルが不足すると、肌の新陳代謝が低下し、シミやシワなどの肌トラブルが起きてしまいます。

  • ビタミンA・C・E…抗酸化作用があり、活性酸素から細胞を保護します。
  • ビタミンB群…新陳代謝をサポートし、肌のターンオーバーを助ける働きがある。
  • ビタミンC…健康のサポートはもちろん、肌に透明感を与えます。

これらを摂取することで、少しづつですが確実に肌の質が変わってきますので、生野菜や果物を積極的に摂取しましょう。

鉄分を摂取し肌荒れ改善

鉄分は美肌を作るためには大事な成分なんです。

鉄分は血液の元、その血液は血管を伝って体中に栄養を運んだり、老廃物を運搬する役割を担っています。

しかし、貧血で血液の量が減ってしまうと栄養の運搬や老廃物の回収が上手く機能せず、ターンオーバーに悪影響を与えてしまうのです。

老廃物が運搬できなくなると、肌荒れの原因にもなり、血行不良のためくすみも目立ってしまいます。

『レバー、牛肉、豚もも肉、卵、かつお、まぐろ、アジ、あさり、しじみ、あゆ、あなご、など』これら鉄分を多く含む食材を意識して摂取しましょう。

また、ビタミンCと一緒に食べることによって吸収率が高まるのでおすすめです。

便秘解消で体の中から美しく

肌は腸の鏡と言われるくらい、腸内環境は肌と密接な関係があります。

腸内には善玉菌(2)・悪玉菌(1)・日和見菌(7)が存在しており、このバランスが取れた状態が良い腸内環境といえます。

しかし、悪玉菌が増えすぎてしまうと腸内環境が悪化し毒素が溜まっていきます。
この毒素は、血液に乗って体中に運ばれます。その中でもとくに影響を受けるのがなんです。

肌に毒素が運ばれてくると、ニキビやその他の肌荒れの原因に…またターンオーバーを乱すこともあります。

悪玉菌の繁殖を抑えるために、善玉菌を多く含む発酵食品を摂取する事が重要です。
代表的な食べ物は、ヨーグルトや納豆、チーズなどが上げられます。

これらを積極的に食事に取り入れることで、腸内環境を整えることができます。

肌に良くない食事

ファストフード

肌トラブルを避けるためにも、肌に悪影響のある食べ物はできるだけ控える様に心がけましょう。

ファストフードや油分の多いお菓子

癖になるファストフードや味濃い目のスナック菓子などは油分が多く含まれているので、肌の酸化や老化を早め、肌のハリを作るコラーゲンの減少に繋がります。

冷たい飲み物や食べ物

冷たい飲みのもや健康によいとされている生野菜は、体温を下げる効果もあるので取りすぎると内臓が冷える原因に…その結果、血行不良老廃物の排出が上手く行えなくなります。

カフェイン

コーヒーに多く含まれるカフェインは抗酸化作用を持つビタミンCを破壊するので、新陳代謝を遅らせる原因になります。

まとめ

いかがでしたか?

日々の食事で肌はきれいに生まれ変わることができます。ぜひこの機会にあなたも日々の食生活を見直してみてはいかがでしょうか?

肌の外側と内側を整えて、きれいな肌を手に入れて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする