ストレスの影響で肌の状態はどうなるの?その関係とは?

私たちは日々、色々なストレスを受けながら生活しています。
そのストレスが溜まりすぎると健康や美容に悪影響を与えてしまうのです。

とくに肌は、その症状が現れやすい部分で、ストレスの影響で肌荒れ、ニキビができてしまうことが多いのです。

『肌に悪い』と言われているストレスですが、なぜ肌に悪影響を及ぼすのでしょうか?
今回はストレスの関係を詳しく調べていましたので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

ストレスとは?

ストレスを与える要因

そもそも、ストレスというのは外部から刺激を受けたときに起きる緊張状態のことをストレスと言います。

その刺激には色々あり、

  • 環境的要因…騒音や天候など
  • 身体的要因…睡眠不足や病気など
  • 心理的要因…不安、悩みなど
  • 社会的要因…仕事が忙しい、人間関係など

この様に、様々な『変化刺激』がストレスなのです!

就職や結婚、出産、引っ越しなど嬉しいことなども、変化=刺激になるので私たちはストレスを受けているのです。

『友人関係でストレスが溜まる…』『仕事でストレスが〜』『イライラしてストレス爆発!』この様に、ストレスと私たちは口にしていますが、負担を感じていないストレスも中にはあるのですね。

次に、私たちの肌が受けるストレスについて詳しくみていきましょう。

2種類のストレス

肌が受けるストレスには2種類あり、外的ストレス内的ストレスに分けることができます。

外的ストレスは紫外線や空気の乾燥、肌への刺激が挙げられます。内的ストレスはホルモンバランスの乱れや偏った食生活、睡眠不足、人間関係などのストレスが含まれます。

肌は内と外、両方からストレスを受けているのです。

ストレスは肌にどの様な悪影響を与えるの?

ストレスが肌に悪影響を与えている様子

ストレスが肌に与える悪影響は様々で、その原因が全て解明されているわけではありません。
今回は、肌に悪影響を与えるす主なストレスの原因を詳しくまとめてみました。

ストレスで活性酸素が大量発生

ストレスが肌に与える悪影響は様々ありますが、代表的なものがストレスによる活性酸素の大量発生です。

強い酸化力を持つ活性酸素は肌の細胞を酸化させ老化を早めたり、細胞の炎症を引き起こしたりと肌に悪影響を及ぼします。

外的ストレスの紫外線も活性酸素を発生させますが、仕事の疲れや人間関係など内的ストレスの影響で、血管の収縮などが起こり活性酸素が大量に発生してしまうのです。

その他、アルコールの過剰摂取やタバコなども活性酸素を発生させる原因になりますので、注意して下さい。

ホルモンバランスに悪影響

ストレスは活性酸素だけではなくホルモンバランスにも悪影響を及ぼします。

私たちの体はストレスに対応するために、ストレスホルモンや男性ホルモンなどが分泌されます。

この男性ホルモンが分泌されることにより、皮脂の分泌が過剰になり毛穴の詰まり黒ずみアクネ菌の大量発生によるニキビなどの肌荒れにつながるのです。

肌のバリア機能や免疫機能の低下

ストレスは肌バリア機能を低下させます。乾燥した空気紫外線間違ったスキンケアでの肌への摩擦など、外的ストレスで肌を傷つけダメージを与えてしまいます。

その結果、角質層の細胞間脂質などに悪影響を与えてしまい、バリア機能の低下に繋がります。

そこに、内的ストレスなども加わってしまうと内と外からダメージを与えられるので、より肌バリア機能の低下が起こってしまうのです。

ストレスを解消するためには?

ランニングをしている女性

日々、私たちはストレスを受けて生活をしています。
そのストレスと上手く付き合っていかないと、心身ともにボロボロになってしまいます。

気分転換や食生活、睡眠がストレスと上手く付き合うコツなので詳しく紹介していきます。

食生活の見直し

食生活が偏っている場合はバランスの良い食事を意識して摂りましょう。

ストレスで発生する活性酸素を除去するのに効果的な、ポリフェノールビタミンEなど抗酸化作用が高い食べ物を積極的に摂取することがおすすめです。

『アボカド、トマト、バナナ、緑黄色野菜、大豆製品、アーモンド』などは抗酸化作用がある食べ物なので積極的に摂取しましょう。

良質な睡眠

良質な睡眠は心身ともにリフレッシュすることができるので、とても重要です。

質の良い睡眠を取るためには

  • 食事は就寝3時間以内には摂らない
  • 就寝1時間前はスマホやテレビなどを控える
  • リラックス効果のある音楽やアロマを焚く
  • 就寝前のカフェインの摂取は控える

を行うと寝付きが良くなりますので取り入れることをオススメします。

また、眠り始めの約3時間で肌の再生や修復を行う成長ホルモンが分泌されるので、肌の状態も回復させることができるのです。

運動でリフレッシュ

体を適度に動かすことはストレス発散になります!

長距離のランニングなどではなく、一駅歩いたり、軽いストレッチ、エレベーターを使用せず階段を使うなど、簡単な運動でOKです。

逆に、激しい運動はストレスの原因になりますので、注意して下さいね。

まとめ

いかがでしたか?

私たちは日々ストレスを受けて生活しています。
ストレスを0にすることは不可能なので、ストレスと上手く付きいながら生活することを心がけましょう。

肌はストレスが顕著に現れる部分なので、どうしても改善されない場合は、皮膚科などを受診して下さいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする