美肌を目指すには抗酸化!抗酸化に欠かせない食事やスキンケア

肌の潤いが失われてしまうと、バリア機能が低下し、肌荒れや老化の原因になってしまいます。
つまり、水分量を保つ保湿こそが肌を健やかに若々しく保つ秘訣でもあるのです。

きちんと肌を潤すためには一時的にただ水分を入れる保湿ではなく、肌そのものを乾燥しにくい状態に導くための保湿が大切です。

肌の水分量をあげる方法についてご紹介していきましょう。

なぜ肌の水分量が重要?

保湿とは字のごとく、湿気を保つことです。つまり肌の水分を適度に維持するためのスキンケアが保湿なのです。

肌に水分がたっぷりと維持されていれば、ハリのある瑞々しい肌を維持することができますが、水分が足りないと、肌荒れやシワ、毛穴の開きなどを招いてしまいます。
毛穴などのスキンケアはこちらをご参考に。

肌には元々、保湿物質が存在しています。その保湿物質を肌が自らつくりだし、角層内に水分を蓄えている状態が理想的な瑞々しい肌です。

しかし、保湿物質を作る力が弱まってしまうと、肌は乾燥してしまうのです。

では、理想的な肌の水分量とはどれくらいの量を言うのでしょうか?

理想的な肌の水分量は?

健康な肌の角層には、約20~30%の水分が含まれています。これが理想的な肌の水分量

20%以下になると「乾燥肌」と言われ、冬などは空気中の湿度が50%以下になると、角層の水分が急激に蒸発しはじめます。肌がつっぱる、痒みがあるなどの自覚症状が現れてくるころには、肌の水分量はわずか10%以下になっていることも…

このように肌から水分がなくならないようにすることが保湿の役割!
人間の肌にはもともと水分を維持するシステムが備わっているのですが、年齢や不規則な生活習慣、過度なダイエットなどによって機能は低下してしまいます。

それを補ってあげるのが保湿の目的なのです。

肌の水分量を上げる方法

潤った肌は水分をたっぷりと抱え込みハリや弾力のある肌です。
この状態が正しい保湿ができている証拠。

肌の水分量を上げれば、乾燥肌や肌荒れになることはありません。
正しい保湿ができている肌は自ら保湿物質を作り出し、角層内に水分を蓄えておける状態です。保湿物質がきちんと働いていれば、室内の湿度が0%になっても、水分は肌から蒸発していかないのです。

保湿物質を作り出す力が弱まると、肌は乾燥してしまいます。
肌の水分量を上げれば、瑞々しく潤いのある肌に整っていきます。

①洗顔・クレンジングで皮脂を落としすぎない

クレンジングや洗顔の目的はメイクを落とす、日中のホコリや空気中の汚れなどを洗い落とすといったことが目的です。また、メイクをしない日にも洗顔料を使う理由は、余分に分泌されてしまった皮脂や汗を洗い流すことです。

ですから「皮脂がすごいから、毎日ゴシゴシ洗う」のはNG!

皮脂を落とし過ぎてしまうと、乾燥の元になります。さらに、肌は必要な皮脂まで落とされてしまうと「すぐに皮脂を充填しなければ!」とますます皮脂を分泌するようになり、悪循環になってしまいます。洗顔は優しく泡でメイクや汚れを洗い落とすように意識して洗ってください。

②洗顔後すぐに保湿をする

洗顔後の肌は、非常に乾燥しやすい状態になっています。
汗、皮脂などが洗い流された状態なので、いわば一瞬、砂漠状態になっているわけです。

砂漠肌のまま、何もしないでいると、肌はどんどん水分を失っていきます。
お湯でお皿を洗うと、お水で洗うよりも乾きが早いのも同じ原理。洗顔後はとにかくすぐに保湿をしてあげることは、マスト。基本中の基本です。

③保湿成分の高い化粧水を使う

保湿成分はなんと言ってもセラミドがおすすめ!

セラミドは私たちの皮膚の中にある保湿物質ですが、年齢と共にどんどん減少していくもの。セラミドが一番豊富に分泌されているのは、赤ちゃんの時が最も多く、年とともに低下し続けていきます。

セラミドを飲んでもセラミドを増やすことはできません。そこで、簡単にセラミドを補えるように開発されたのがセラミド配合の化粧品で、確実に肌の水分を増やすことができます。

肌の水分が足りてないな・・・と感じたら、セラミド配合化粧品は必須です。

人間の皮膚には約6種類のセラミドがあることがわかっています。このうち特に保水力に優れているのはセラミド1、2、3。このいずれかが含まれるものを選べば確実に肌の水分を補うことができます。

セラミドは化粧品の原料としても比較的高価。そのため安価の類似品も多く出回っていますが、セラミド配合化粧品を選ぶ際には、全成分表示をよく確認してから購入してください。

例えセラミドが含まれているとしても、極端に安いものは微量程度にしか含まれていないこともあります。

④定期的に保湿パックをする

肌の水分量を上げるなら、週に2回程度を目安に保湿パックをしましょう。
水分量が低下し、肌が乾燥するようになるとくすみやメイクが乗らないといった症状が起こるようになります。乾燥が進んでしまうと、肌の表面の角質が厚くなるため、保湿美容液を使ってもなかなか肌に浸透していきません。

そのため定期的に保湿パックを行うことで、水分量の低下を防ぐことができます。
集中的に肌の奥に潤いを与えるので、乾燥肌の即効ケアになります。

保湿パックには種類がありますが、クリーム状やゲル状の塗って洗い流すタイプがオススメです。あらかじめシートに美容液が含ませてあるシートタイプのパックは防腐剤など添加物が含まれているものが多く、オススメできません。

また、紙のシートに化粧水を含ませるタイプのものも化粧水では保湿力が弱く、紙の繊維が肌に刺激になってしまうこともあります。

保湿パックをするなら、クリーム状ゲル状のものを顔に塗り、洗い流すタイプがベストです。

⑤正しい紫外線対策をする

一年中、地表に降り注ぐ紫外線は私たちの肌に刺激を与え乾燥させてしまう原因の1つです。
紫外線を浴びた肌は、肌を守ろうとして、メラニン色素を作り出します。メラニン色素がうまく排泄されなければ、シミとなり、紫外線が真皮まで到達するとコラーゲンを傷つけ、たるみの原因にもなります。

紫外線を浴びると肌は確実に老化を早め、老化が進む、ということは、肌が乾燥しやすくなり、水分量が失われていく、ということになります。

暑い寒いに関係なく、降り注いでいるため、普段からUVケアは水分量をアップするためにも、維持するためにも大切です。

日焼け止めは必ず塗る、顔にはその上からパウダーファンデーションを塗る、ちょっと暑くても薄手でも良いからカーディガンを着る、など肌を紫外線から守りましょう。

UVケアの場合には日焼け止め化粧品は塗る量が少ないと顔全体に均一に塗れず、またガードも甘くなります。

使用量をきちんと守りましょう!

⑥肌の水分量を上げる食事

肌の水分量をアップするなら積極的に摂りたいのはビタミン類です。特に、肌に潤いをもたらすビタミンAは意識して摂りましょう。

ビタミンAはターンオーバーを調整し、本来の瑞々しく健やか状態で新しい肌を作り出すのをサポート。レバーや緑黄色野菜に多く含まれています。

100g中
鶏レバー14,000ug、うなぎ1500ug、モロヘイヤ840ug、ニンジン680ug、ほうれんそう350ug、赤パプリカ88ugなど。

まとめ

人間のには元々、保湿物質が存在し、年齢や生活習慣、偏食などによって、減少してしまうことが考えられます。

角層の水分量が減り乾燥状態が続けば肌は硬くゴワゴワになります。これは角層が分厚くなるから。足のかかとの肌は、その状態になっていることが多いですよね。

角質細胞、角質細胞間脂質、などの保湿物質が減ってしまうとどんどん水分が蒸発してしまいます。

普段から肌の水分を意識し、正しい食生活、睡眠を摂り、週に2回程度のパックとセラミド配合化粧品を使って肌の水分量をアップしていってください。

瑞々しく健やかな肌を取り戻すことができるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする