生理前に肌が敏感になるのはホルモンの影響?その対処法とは?

生理前や生理中の肌荒れ…
女性ならほとんどの方が経験していると言っても過言ではないくらい、悩ましい問題ですよね。

ニキビができたり、肌が敏感になりスキンケアが合わなくなったりと今まで当たり前にやっていた事で肌トラブルになってしまいますよね。

どうして生理が近づくと肌が荒れてしまうのか、どの様に対策を行えばよいのか意外とわからないですよね!

今回は生理と肌の関係、その対策方法を詳しく紹介していきますので、ぜひ参考にして下さいね。

生理が近づくと肌が荒れる原因

生理の時期を確認する女性

生理が近づくと肌が荒れる原因は、女性ホルモンの分泌量の変化によって引き起こされます

女性ホルモンは大きく分けて2つあり、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があります。この2つのホルモンバランスの変化によって肌荒れが起きてしまうのです。

では、どの様に2つの女性ホルモンが影響しているのか、それぞれ詳しくみていきましょう。

エストロゲン

エストロゲンは排卵をスムーズに行うために、卵巣から出るホルモンです。
また、卵胞ホルモンなどとも言われます。

エストロゲンは、どちらかというと肌に悪影響を及ぼすホルモンではなく、良い影響を与える働きがあります。「皮脂の分泌を抑える働き」「コラーゲンの合成を促進する働き」などです。

皮脂の分泌が抑えられると、ニキビや毛穴の詰まりなどが軽減されるので、きれいな肌になります。また、コラーゲンが増えると肌のハリが出てるので、化粧ノリもよくなります。

その他にも、エストロゲンは体中に影響を与え、コレステロールの分解や動脈硬化になりにくくなります。

プロゲステロン

プロゲステロンは、黄体形成ホルモンに刺激を受けて出るホルモンです。
黄体形成ホルモンは妊娠が成立する働きを行うホルモンで、重要な役割を担っています。

エストロゲンによって整えられた環境下で、受精卵が着床しやすいように子宮内の環境を整えます。

このプロゲステロンはエストロゲンとは逆で肌に悪影響を与えてしまいます。
皮脂の分泌を促進する働き」「角質を厚くする」「メラニンの生成を促す」「コラーゲンの生成を抑制する」など、肌にとってはマイナスの影響の方が多いのです。

皮脂に分泌が増えるとニキビや毛穴トラブルの原因になります。
紫外線などを受けた際に、メラニンの生成が通常よりも多くなってしまうと、シミの原因になります。

また、コラーゲンの生成を抑えると肌のハリやバリア機能の低下に繋がってしまうのです…

この様に、肌にとって良いのが「エストロゲン」肌に悪いのが「プロゲステロン」と思われてしまいますが、プロゲステロンは妊娠を継続するうえでなくてはならない重要なホルモンなのです。

なので、敵視するのではなく、それぞれのホルモンの働きを理解し、正しく肌のケアを行うことが重要なのです!

生理前の肌の変化

ホルモンバランスによる肌の変化

女性の肌が1ヶ月通して、どの様に変化するのかを詳しく見ていきましょう。

肌が安定している時期=月経開始の週〜排卵前の週
肌が荒れる時期=排卵後の週〜月経前の週

①月経前の週
この時期は1ヶ月で一番肌トラブルの多い時期です。
ニキビや吹き出物ができやすくなります。

②月経開始の週
徐々に肌の状態も良くなり始める時期です。
しかし、血液循環が悪く、貧血気味になりやすいので注意しましょう。

③排卵前の週
この時期はもっとも肌の調子が良くなる時期です。
ニキビや吹き出物もできにくいので、新しい化粧品などを試すのもこの時期がおすすめです。

④排卵後の週
この頃から、少しづつ肌の状態は下り坂…体調面でも便秘になりやすいなど肌にも少しづつ悪影響がでてきます。

上手く肌荒れを防ぐコツ!

洗顔している女性

時期によって肌の状態が変わるので、その際のスキンケアも少し変えてみると、肌を健やかに保つことができるので、意識するポイントをお伝えします!

スキンケアはいつも以上に優しく行う!

月経前は皮脂の分泌が活発になるので、肌は皮脂でギトギトに…だからといってゴシゴシ力を入れて洗顔をすると、逆に肌へダメージを与えてしまい、より皮脂が分泌する原因になるので、優しく丁寧に洗いましょう。また、普段より刺激の少ない洗顔料やスキンケア用品を選ぶとにより肌への負担を軽減できます。

ニキビは専用のスキンケア製品で対策

皮脂が過剰に分泌されると、ニキビや毛穴の詰まりの原因になるので、保湿を徹底して行いましょう。しかし、保湿だけでは防げない場合は、ニキビ専用のコスメを使用するなど、自身の肌に合う製品を前もって準備しておくと、悪影響を最小限に抑えることができます。

また、市販のコスメで良くならない場合は、皮膚科を受診しお薬を処方してもらいましょう。
すぐ治るから大丈夫!」と思っていても、ニキビの跡が消えなくなる事もあるので、面倒くさがらずに受診することをおすすめします。

ベースメイクは肌に負担が少ないものを!

肌環境が悪化している状況では、長時間肌に密着しているベースメイクにも気を使いましょう。

皮脂が多い時期は、質感の軽いパウダーファンデーションがおすすめです。肌荒れが気になる場合は、敏感肌用のファンデーションもしくは、薬用のファンデーションなど肌荒れケアができる物がおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

女性ホルモンの影響で肌環境は日々変化していきます。
しかし、女性ホルモンは大切な役割を担っているので敵視せずに、それぞれのホルモンの肌への影響を理解し、適切なケアを行っていきましょう♪