睡眠で肌はどう変わる?正しい睡眠と間違った睡眠!

肌のためにスキンケアや食生活はしっかり整えている!
という方は多いかと思いますが、睡眠時間に気を使っていますか?

寝不足になるとメイクのノリが悪くなったり、肌が荒れたりと、悪影響が出てきますよね。

睡眠は肌にとって重要な時間なのです。

今回は、睡眠と肌の関係や質の良い睡眠を取る方法をご紹介していきますので、寝不足で困っている方はぜひ、参考にして下さいね。

睡眠と肌の関係

眠っている女性

肌のケアにどれだけ気を使っていれも睡眠を疎かにしてしまうと、美肌を手に入れることは出来ません。

夜更かしをした次の日はだるさや頭痛が激しく、一日中調子が悪くなったりしますよね。
でも、夜に体に悪いインスタントラーメンを食べても次の日に体調が悪くなることはないですよね。

食事と睡眠はどちらも肌にとっては重要ですが、すぐに体調に影響を与えるのは睡眠なんです。

平日寝不足で、週末に寝だめする方がいますが、疲れは取れても肌は再生しません

私たちが起きて活動しているときは、脳に血液が集中します。
そのため肌に栄養はほとんど行きません。

肌に栄養が運ばれ、肌が再生するのは眠っているときなのです。
しかも、睡眠の約3時間以内に成長ホルモンが分泌されるので、それによって肌の奥で細胞分裂が起こります。

この様に、肌の再生は毎晩行われるため、一週間分をまとめて寝だめしても、肌を再生させることは出来ないんですね。

ちなみに、『午後10時〜午前2時』の間は、お肌のゴールデンタイムと言われていましたが、最近の研究結果で、重要なのは成長ホルモンが分泌される始めの約3時間が重要と言われています。なので、寝る時間を気にするのではなくその時間に熟睡できる環境を重要視する方が、肌にとっては良いのです。

睡眠不足で肌が荒れる原因とは?

肌を気にする女性

睡眠がどれだけ重要で肌にとって必要なものか分かって頂けたかと思います。
もし、睡眠時間が短くなると私たちの肌はなぜ荒れてしまうのでしょうか?

その原因を詳しく見ていきましょう。

成長ホルモンとターンオーバー

睡眠中は美肌に必要不可欠な成長ホルモンが分泌されます。
この成長ホルモンは、肌の再生や水分保持、肌のターンオーバの促進などを行い、ハリのある若々しい肌をつくり、それを維持する重要な役割を担っています。
この睡眠中に私たちの肌が受けた日中のダメージ(紫外線や乾燥など)を修復しているのです。

肌にとってはとても重要な成長ホルモン、その分泌が一番活発になる時間帯が、眠りについて約3時間の熟睡なのです。この時間が『肌のゴールデンタイム』と呼ばれています。

睡眠には脳が活動している浅い眠り『レム睡眠』と脳が休んでいる『ノンレム睡眠』があります。成長ホルモンの分泌が活発になるのはノンレム睡眠のときなので、肌のことを考えると始めの約3時間は深い眠りに入る必要があるのです。

しかし、睡眠不足や浅い眠りが続くと、睡眠の質が低下し成長ホルモンの分泌が活発になりません。そうなってしまうと肌の修復や再生が行われなくなり、ターンオーバーにも悪影響が出てしまいます。この状況が続くと肌全体のバランスが崩れてしまい肌の乾燥ニキビ毛穴の詰まりなど様々な肌トラブルが起こってしまうのです。

ストレスでホルモンバランスが乱れる

睡眠不足が続くと、日中体には大きな負担がかかりストレスを感じてしまいます。
ストレスによって自律神経の交感神経が刺激されて男性ホルモンの分泌が増えます。

男性ホルモンが過剰に分泌されると、皮脂の過剰分泌などが起こり、毛穴の詰まりニキビの原因になってしまいます。

安眠方法で寝不足解消

入浴している女性

睡眠不足や質の悪い睡眠だと、肌はボロボロになります。
そうならないためにも、睡眠の質と時間を確保することが重要です。

こちらでは、良質な睡眠を促すポイントや控えてほしい注意事項などをまとめましたので、上手く眠れない方は、ぜひ試して下さい。

  • 就寝前の食事は3時間前までに済ませる…寝ている間に消化のためのエネルギーを使用すると肌の再生や修復の妨げになります。
  • 就寝前のカフェインは控える…カフェインには覚醒作用があるので、眠るが浅くなります。
  • 就寝前はスマホテレビを控える…脳に刺激を与えると睡眠に影響を及ぼします。
  • 睡眠の1〜2時間前に入浴を行う…入浴後は徐々に体温が下がるので、深い眠りに入りやすくなります。
  • リラックス効果のある香りや音楽を聞く…リラックスすることで安眠効果がえられる。
  • 自身の体に合う枕を使用する…枕が会わないだけで睡眠の質が下がります。
  • 起きたら陽の光を浴びる…陽の光を浴びることで、体内時計をリセットし入眠時間を早める

睡眠時間も重要ですが、睡眠の質も重要です。
睡眠時間は最低6時間は確保するように心がけましょう。

それ以上短い睡眠を続けると肌に悪影響が出る可能性が高くなるので注意が必要です。また、睡眠の質を上げるためにも就寝前のスマホなどは極力控えるようにして下さいね。

まとめ

いかがでしたか?

スキンケアや食生活と同じくらい睡眠も重要だと分かって頂けたかと思います。

忙しい毎日だからこそ、睡眠は重要になってきますので、この機会にあなたも自身の睡眠時間や睡眠の質を見直してみてはいかがでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です